グリーン経営認証

東都タクシーは、旅客輸送におけるエネルギー使用の合理化を適切かつ有効に実施し推進する事で、交通エコロジー・モビリティ財団より『グリーン経営認証』を取得しております。
グリーン経営認証とは、交通エコロジー・モビリティ財団が認証機関となり、グリーン経営推進マニュアルに基づいて一定のレベル以上の取り組みを行っている事業者に対して審査の上認証・登録を行うものです。
交通エコロジー・モビリティ財団とは

弊社グループの取り組み

1.環境保全のための仕組み・体制の整備

2.エコドライブの実施
全車エコドライブ管理システム(EMS)を導入し、運転者の定期的な指導を行いエネルギー使用量の削減を推進

3.低燃費・低公害車の導入の推進
タクシー 1807台 (うち東京都特別区、武蔵野市及び三鷹市 1553台)
ハイブリッド車導入の推進 145台導入

4.廃棄物の適正な処理及びリサイクルの推進

5.空車走行距離の削減及び効率的走行の推進

6. 適切な自動車の整備・点検の実施 (エネルギー効率の維持保全に関わるものを含む)

① 排ガス臭い点検・車両騒音点検・カーエアコンガス漏れ点検・タイヤ空気圧点検・調整等の日常点検の実施

② 燃費悪化点検整備等の定期整備の実施

③ 走行距離又は使用期間による社内管理基準の設定により、エンジンオイル・エンジンオイルフィルター・トランスミッションオイル・デファレンシャルオイルなどの交換、及びオイル漏れ点検の実施

7.管理部門(事務所)における環境保全の推進
営業所におけるエネルギー使用実態の把握を行うとともに、当該施設におけるエネルギー使用量の削減の推進

8.デジタル式GPS-AVMシステムを全車に導入(東京都特別区、武蔵野市及び三鷹市)
効率的な無線配車を推進

9.道路交通情報通信システム(VICS)対応カーナビゲーションシステムと自動料金収受システム(ETC)を全車に導入(東京都特別区、武蔵野市及び三鷹市)
エネルギー使用合理化の適切かつ有効な実施を推進